スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムシュピーゲル 第3回

さーいよいよ基礎工作も終盤になってまいりました。
今回は胸部(上半身)と頭部+コアランダーの工作を進めていきます。

【上半身】
旧キットのままでは多少胴が短いので、AGEのの胴体をベースに工作します。
旧キットからは胸部パーツを流用しようと思いますので、AGEのままでは取り付けができません。
そこでAGE系素体ではよく行う不要部分のザク切りしていきます。
ただし、注意点としては旧キット胸部が単にAGEの上半身に乗るのでははなく、ある程度一体感のある形にハメるようにします。
あわせて、胸部上の旧キット本体側のアーチ状のパーツも移植します。
また、両脇にダクトパーツがあるので、サイズを見つつ切り込みを入れておきます。
最後に背面のAGE系の出っ張りを削り取り、コアランダー取り付け基部としてパテで埋めた後、コアランダーをコートした後に押さえつけ、半乾きの状態で取り除き型を取ったあと、成形しておきます。
上半身

【頭部】
工作が大変なので、旧キットのヘルメットの利用は確定。
Gガンシリーズの定番である顔面パーツをタガネで慎重に切り離し、AGEのフェイスパーツを成形してはめ込んでみると結構いい感じです。
ただし、そのままヘルメットをかぶせると少しかぶり気味になるので、旧キット頭部パーツ(白パーツ)の上部にプラ板で下駄をはかせます。
最後に通常のAGEフェイスパーツとシュピーゲルではデザインが多少違います。
そこで、「へ」×2の上の「へ」の部分に極細切りしたプラ板を貼り付けしっかり乾燥後に恐る恐るペーパーで成形し、少し出っ張り気味の「へ」の形にしておきます。
頭部

【コアランダー】
旧キットの形状を生かして整形します。合わせ目を消すため、コアランダー全部のポッド部分を切り離し、あとつけできるように工作します。
今回もコアランダー単体の稼働はオミットします。
KC4F0091.jpg

ここまでの工作結果です。
この後全体の洗浄を行い、サフ吹きし、状況を確認→修正していきます。
4面2

KC4F0081.jpg

結構シュピーゲルぽくなってきたかなぁ〜
ではでは次回よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZ

Author:KAZ
徒然なるままに・・・

気ままに趣味である模型作品や創作小説?をUPしていきます。更新はかなりまったりとしてますので、気長にお付き合いください。

Since2013.09.18~

カレンダー/更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Gallery 2016
Gallary2015
Gallery 2014
Gallery 2013
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10008位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1189位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。