スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOBILE FLAT

FLAT50006.jpg

【機体解説】FLAT 型式番号:FLAT-L06D

頭頂高:20.6m
全長:14.7m(降下形態時)
重量:22.3t
出力:15000kW
FLAT50001.jpg

FLAT50003.jpg

武装
ヒートエッジ
ボックスビームライフル
ボックスバズーカ
ボックスミサイルランチャー
ソニックブラスト
コンテナ爆弾(ハイヒール)

FLAT50008.jpg

FLAT50010.jpg

FLAT50011.jpg

FLAT50013.jpg

FLAT50014.jpg

FLAT50015.jpg

FLAT50016.jpg

【解説】
ディアナ・カウンターの大気圏突入能力を持つ可変MS。型式番号FLAT-L06D。

本来は都市部での暴徒鎮圧用に生産された「ライアットMS」である。劇中では地球帰還作戦以前に改修され地球への降下に利用されており、ロラン達やレット隊の先祖である100年前の降下部隊などが使用している。ミリシャ側からは「ハイヒール」と呼ばれる。

名称は「Flexible Ladder Actuater Technology(柔軟な梯子状の駆動装置技術)」の頭文字をとり「FLAT(フラット)」と呼称される様になったとされている。機体は「スパインシステム」と呼ばれる独特のフレームで構成され、その名の通り背骨を中心にして胴体や手足が接続されている。まだ月と地球で人の行き来があり、地球上にもまだMSのテクノロジーが残っていた時代のもので、劇中に登場するものは月に一度持ち帰られた機体の改造品であるという。それだけに残存数はあまり多くはなく、増産もされていない。ただし劇中に登場する機体の中では、最も新しい機種であるという。

特徴的な装備としては音響兵器ソニックブラストが挙げられる。これは表層に張り巡らされたマイクロマシンの鱗状の振動素子を作動させることにより、高周波を発生させるものである。もともとは吐き気を催させ暴徒を無力化する鎮圧兵器であるが、装甲全体に極超音速を超える振動を発生させソニック・シールドとして運用することも可能である。マイクロマシンは表面のテクスチャーを変化させる事も可能で、背面カメラから取り込んだ映像を表面に転写し、カメレオンのように景色に同化するという迷彩機能なども備えていたという。ディアナ・カウンターではこれらの特性を利用し、単機での大気圏への突入や、地中への潜行、また外部からの攻撃を防ぐといった使い方がなされている。これはソニックブレードとして攻撃にも転用可能で、並みのモビルスーツの装甲程度ならその振動で貫通することができる。佐藤茂の小説版に至っては、ディアナの演説のスピーカーとしても利用された。だがこの機能のために固定武装は排除され、射撃武器の運用はマニピュレータで制御できるものに限られてしまっている。

劇中では降下用可変MSとして使用されているが、機体単体での航宙能力は持っていない。そのため大気圏突入の際には専用のキャリアで輸送される。また一旦モビルアーマー (MA) 形態からMS形態に変形すると、再度変形するためには専用の設備を必要とするなど、こういった目的での運用面では課題も残っている。なお、レット隊は海上を航行するウィルゲムを追跡する為にフラットにホバー飛行ができるように改造を施した。また、それ以前にも両腕を横に広げ足を上下逆さにする事で簡易的な飛行形態を取って飛行を行っていた。ジョゼフも地球上でギンガナム隊と交戦する際にこの機能を使用している。

for wikipedia
∀ガンダムの登場兵器

【キット妄想】
FLAT50021.jpg

本機体はルナベース内でのガードロボとして建造されたもののようだ。
我々が最初にルナベースのNo13 GATEをくぐった際に目にした先遣隊はこのガードロボにやられたのであろう・・・
特に強力な火器を有しているわけではないのだが、その頑丈な装甲と強烈なパワーをもって一度補足されるとどこまでも追跡してくる。

FLAT50020.jpg

現実いま現在、我々も幾度となく追跡をかわしたと思っても、何処からともなく現れてくる。
一旦発見されると、ルナベース警備部隊に自動的に連絡され、そいつらもゾロゾロと現れてくる・・・

この通信記録は次に来るであろう攻略部隊の助けになればと心から思う。
どうも私はこれまでのようだから・・・

頼む・・・


マリア、ごめん・・・
FLAT50023.jpg



【作成後記】
非常にご無沙汰しております。
前回の記事からかなり時間が経ってしまいましたが、ブログ終了したわけではございません(^^;)
リアルの仕事が忙しいというか、ゴタゴタしておりまして工作もままなりませんでした・・・
こんな状況では「オラザク」用の作品なんてまだまだ手もつけておりません。
こりゃ、今年の応募も見送りかな〜

このキットはなにげにお店にはいって、特に見たこともない「ターンA」の機体である程度の認識で購入したものでした。
取り敢えず組んでみていろんな意味で「旧キット」だな〜と感じたものです。
しかし、ちょっといじると某「宇宙●争」のトライ●ッド的な器械としてみると面白いのかな〜なんて思いながら弄っていきました。

FLAT50004.jpg

なんとなく、人が乗るものではなく、自動制御のガードロボ的な風格がありませんか?
それが、最後のほうの1/35のフィギアと合わせた写真になります。
ほら、あんまり違和感がないと思いません。
いや、ほらよく見てください。違和感ないでしょ(^^;)

そんなこんなで結構時間がかかってしまいましたが、そんなことを思いまながでも再度ご覧ください。

以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

KAZさん、どもん~!!
いやぁ、、、MGでは、生意気なコメントで失礼いたしました、、、汗
ただね、、、
ホント、個人的に密かに応援してただけに、「画像」がマジで残念でしたよ~
各所、骨部位の彫刻的造詣へのこだわりや、頭部のランダムなコード類、素組だと、ほとんどグリコのオマケレベルな情けないフェイスの表情が、カリッと機械化された視線をおびてて、ホントかっこいいと思ってました、、、
ちなみに、撮影の際、模型をも少し壁から(壁紙)から離して、もう1棟、Zライトみたいなのでいいんで、逆方向から当てると、全然画像が変わると思います!
もし、撮影しなおす機会があれば、MGの画像も差し替えても良いかもね?!
FMSも盛り上がること必修だとは思いますが、、、
楽しんできてください!!
(長文コメントで失礼いたしました、、、汗)
プロフィール

KAZ

Author:KAZ
徒然なるままに・・・

気ままに趣味である模型作品や創作小説?をUPしていきます。更新はかなりまったりとしてますので、気長にお付き合いください。

Since2013.09.18~

カレンダー/更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Gallery 2016
Gallary2015
Gallery 2014
Gallery 2013
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6975位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
866位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。