スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUNDAM F91

ガンダムF91(FORMULA 91: FORMULA NINETY ONE)
F91E00024.jpg


型式番号:F91
頭頂高:15.2m
本体重量:7.8t
出力:4,250kW
推力:88,400kg
装甲材質:ガンダリウム合金セラミック複合材

武装
バルカン砲×2
メガマシンキャノン×2
ヴェスバー×2
ビームシールド×1 (1)
予備ビームシールド×1 (1)
ビームサーベル×2
ビームライフル
ビームランチャー

その他
アポジモーター×51 (8)

<機体外観>
F91E0001.jpg

F91E0002.jpg

F91E0003.jpg

F91E0004.jpg

F91E0005.jpg

F91E0006.jpg

F91E0007.jpg

F91E0008.jpg
F91E0009.jpg


【機体説明】

サナリィが開発した連邦軍の汎用小型MSの試作型。ビームシールドや、クロスボーン・バンガードのMSをも圧倒するヴェスバーなど斬新な武器を多く装備している。
バイオ・コンピュータを搭載しており、バイオリズムの合うパイロットとの組み合わせによって最大限の性能を発揮できる。
フォーミュラ計画」において「現時点でのMSの限界性能の達成」を目指して作られた超高性能MSである。
クラスターガンダムと並行する形で開発された。バイオコンピューター及びバイオセンサーや、かつてνガンダムやユニコーンガンダムに採用されたサイコフレームと、その技術を発展させたMCA構造を採用しており、サナリィ製MSの集大成となっている。
その性能は、かつてニュータイプと呼ばれた者しか最大性能を発揮できないほどである。

F91E00021.jpg


専用開発された小型・高出力なジェネレーターの採用により、従来の第二期MSよりも非常に高性能な機体であり、ビームシールドの他、ヴェスバーの搭載を可能としている。
機体冷却を非常に重要視しており、各部に放熱フィンを設けてある。特徴的な胸の放熱フィンの集合部分の内部には装甲があり実は胸部分も堅牢な作りである。
また戦闘時の飛行姿勢ならば胸の上面装甲が正面にきて放熱フィンの集合部分は見えなくなるために放熱フィンの集合部分の被弾確率も実質的に低い。
両肩の放熱フィンは展開式で飛行時のスタビライザーを兼ねている。
そして頭部にはこの機体の特徴である冷却システムがありフェイスガードが両頬に収納され人の鼻口に似たエアダクトが露出する。
そこから冷却触媒を排出する機構で、特に宇宙空間では有効な廃熱方法であり頭部のバイオコンピューターを重点的に冷却する為、特に負荷の掛かる最大稼働時に作動する。

F91E0010.jpg

F91E0011.jpg

F91E00012.jpg


【主な武装】
ヴェスバーV.S.B.R.(Variable Speed Beam Rifle=可変速ビームライフル)
F91の背面側に、フレームのアームを介して左右一門ずつ懸架されている。
威力と効率を両立したビーム兵器で発射するビームの収束率を調節が可能で、そしてビームの射出速度の調節も可能。
どちらとも連続帯域での微調整などができる。
対象物の耐久力や距離に応じて高速で貫通力の高いビーム(特にビームシールドを貫通させる場合は高速のビームで行う[要出典])から、低速で威力を重視したビームまでを状況に応じて撃ち分けることができ、連射性にも優れる。
F91のヴェスバーはジェネレーターに直結する形で配置されており高出力である。
懸架時はウイング・バインダーと同様にAMBAC作動肢として機能する。
また、新開発された大容量のコンデンサーにより連射も可能であり、本体から分離した状態でも数発は発砲可能である。

F91E00014.jpg

F91E00015.jpg

【主な機能】
最大稼動モード
「現時点でのMSの限界性能の達成」を目指して作られたガンダムF91の本来の稼動モードである。
最大稼動モードは運動性や機動性が通常のMSよりも極端に違う。よって扱えるパイロットの存在が珍しい。
またパイロットが最大稼動モードを扱える技量やパイロットへの負担も考慮し、最大稼動モードが扱えるパイロットの操縦時にバイオコンピューターが制限を解き最大稼動モードを発動する。
またガンダムF91の最大稼動モード時の機体のスペックは発表されていない。
そして発表されている機体のカタログスペックデータはガンダムF91の通常稼動モード時のスペックデータである。
よってガンダムF91とのスペックの比較を公式上でしているMS(アナハイムの小型MS等)は通常稼動モード時のカタログスペックとの比較しかできず、ガンダムF91カタログスペックを基準にした発表をしていると考慮される。

バイオコンピューター
F91に搭載されたバイオコンピューターは、マルチプル・コンストラクション・アーマーで構成された機体を統括する、頭部に設置されたメインコンピューターである。
パイロットへ肉体的、精神的な負担をかけない次世代サイコミュの雛形として開発された。
本来は障害者向けのインターフェイスが軍事転用されたものである。
バイオコンピューターの役割は主に2つある。
まず1つ目は一般パイロットの操縦補助である。
機体が得た情報をパイロットの脳に直接伝え、パイロットが思考したことを機体に反映させる。
そしてバイオコンピューターのもう1つの役割はパイロットの技量を分析し、機体性能にリミッターをかけるまたはリミッターを解除していく事である。
これは機体の性能が高すぎる為にパイロットを保護する目的で設置されている。
バイオセンサーを介してパイロットが最大稼働に対応できるとバイオコンピューターが判断すればリミッターを解除を行う。
そしてバイオコンピューターがパイロットと機体との同調性をさらに上げて最大稼働の状態を的確に維持できる様にし、最大稼動時特有の補助や一般的な補助ももちろん行う。
またバイオセンサーとの同調を調整する働きも担っている。

サイコフレーム/バイオセンサー
サイコミュのサブ増幅器が操縦席の背に組み込まれており、コクピットの周囲に使われているサイコフレームが主増幅器となっている。

MEPE
最大稼働モード時に各部の冷却システムでは追いつかない為装甲表面を剥離させる「MEPE」(金属剥離効果=Metal Peel-off effect )によってバイオコンピューター及び機体各所で強制冷却が始まる。
この際の副次的効果として、剥離した金属片が敵機のセンサーに認識されるために本機があたかも分身しているかのように見える
(実際は金属片によるセンサーの誤作動であり、CGが再構成したコクピット内の映像である。劇中での台詞から質量を持った残像とも呼ばれる)。
これはあくまでも副作用であり、当初から意図されたものではない。
なおMEPEはガンダリウム合金セラミック複合材とMCA構造の副産物であり、装甲自体で行われる。
また装甲が剥離するのではなく、装甲にビームコーティングのような特殊な表面加工(主な材料は金属粒子)が施してあり、これらが剥離する。残像はレーダーやセンサーのみならず、パイロットの肉眼も欺瞞する。

マルチプル・コンストラクション・アーマー
かつてのサイコフレームの生成技術の応用により、構造材にコンピューターチップ以外の電子回路も鋳込んだマルチプル・コンストラクション・アーマー (MCA) 構造と呼ばれる新技術が採用されている。
電子機器などの制約により、モノコックやムーバルフレームによる小型高性能化は不可能だったがMCAにより小型化可能になり、モノコックとムーバルフレームの両方の機能をあわせ持つ。
さらに回路の取り回しなども構造そのもので兼任出来るため飛躍的な軽量化に繋がり、推力重量比が改善されより高い機動が可能になった。
また損傷などで故障も想定してブロックごとにフェイルセイフシステムが織り込まれているため、他のブロックで補い一部の故障で作動不能になることはない。

以上一部Wikipediaより引用させていただいております。
Wikipedia -F91-


連続写真的に(笑)
ちょっとピンぼけしてしまいましたが、感じだけでも

F91E00016_1.jpg

F91E00016_2.jpg

F91E00016_3.jpg

F91E00016_4.jpg


F91E00017.jpg

F91E00018.jpg

F91E00019.jpg

F91E00020.jpg



【作成後記】
今回待望のHGUCでのF91販売でした。
サイズとして「難しいやろ…」と思っておりましたが、近年のバンダイさんの技術進歩は素晴らしい!!
このサイズでF91を販売してなおかつクオリティを維持しているなんて!
と同時に作成者に対しても要求が少し高かったのかなぁー

反省点としては、
・各所に配置しているバーニアの塗り分け
 黄色と黒の塗り分け・・・バーニアの内壁だけ黄色って・・・
 今の自分にはその腕がありませんでした。
 色々な方法もあったと思いますが、本作の最大の反省点です。
 合わせて背面のスラスタも同様でした・・・
 やっぱり黄色系の塗装はもう少し勉強する必要がありますね〜

・サイズの応じたデカールの選択
 手持ちのデカールを調子に乗り過ぎて貼りすぎました…
 情報量を上げるつもりが少しウルサクなってしまったのではないかと…

F91E00013.jpg

F91E00022.jpg

F91E00023.jpg

しかし、クロスボーン魔王も発売されて、これは次にくるのは・・・ですよねー
こちらも期待して待っております。
小型MS系はできれば、敵側もほしいところですけど、まだ難しいんでしょうねー

実はハリソン機も買ったんですが、いまは作成する気力がありません(-_-;)

今回は完成写真が多めになっていますが、ご容赦ください。
では次回作もお楽しみに!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZ

Author:KAZ
徒然なるままに・・・

気ままに趣味である模型作品や創作小説?をUPしていきます。更新はかなりまったりとしてますので、気長にお付き合いください。

Since2013.09.18~

カレンダー/更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Gallery 2016
Gallary2015
Gallery 2014
Gallery 2013
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
829位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。