スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GM SNIPER II

RGM-79SP - TOPー


型式番号:RGM-79SP
頭頂高:18.0m
本体重量:45.0t
全備重量:61.0t
出力:1,390kW
推力:21,000kg×2(背部)/15,000kg×4(脚部後側)/(総推力)102,000kg
装甲材質:チタン系合金(一部にルナチタニウム合金を使用)
武装:
R-4型ビームライフル
75mmスナイパー・ライフル
ビームサーベル×2
バルカン砲(オプション)
ハイパーバズーカ
ブルパップ・マシンガン
100㎜マシンガン
ハンドグレネード
その他連邦軍武装

機体説明
一年戦争末期にジム・スナイパーカスタムの「エース・熟練パイロット+量産型の高性能版」というコンセプトの成功を踏まえ、ジム・コマンドをベースに開発された機体。

頭部のバイザーには精密射撃用センサーと高倍率カメラを備えており、スナイパーライフルによって超遠距離の目標を殲滅することが可能。新型のバックパックと脚部のスラスターは、ガンダムの2倍以上の推力を発生させ、同時に高い機動力を生み出している。

その総合性能は、一年戦争時の連邦の量産型MSとしては最高級と評される程であり、ゲルググに単体で対抗できる数少ない機体であり、ある意味でガンダム以外に連邦軍が本気を出したMSの一機である。

しかし、生産開始が戦争末期だったことと高コストのため少数しか生産されておらず、一年戦争に間に合った機体は更にごく少数に限られる。
オーストラリア戦線、サイド6における特務作戦やジャブロー攻防戦などの重要局面において数機の活躍が確認されているのみである。

4メンズ完成


75mmスナイパー・ライフル
モーゼル・ボルトアクションライフル"Kar98k"を元に開発された実弾ライフル。開発者はドイツ人である。口径はオリジナルの7.92mmの拡大ではなく、陸軍の75㎜砲を転用したため、75mm砲となっている。流体炸薬を使用しており、Kar98kと同じく中央部のボックスマガジンにクリップされた5発を装填した。
標準装備として10×350(対物レンズ径)エレクトリック・サイトがあり、トリガーでジム・スナイパーIIのコンピューターと連結し、高い命中率を誇る。
運用コンセプトとして後方の敵指揮官機、及び戦艦を一撃で沈め戦闘を早期終了させる為に用いられる。
ボルトアクション式で次弾装填に時間がかかるため迎撃や近接戦闘には不向きで、通常の出撃ではビーム・ライフルを携帯する。

TS3S0030.jpg


「ブラボー1、状況の報告を」
「ベースαへ、ブラボー1特に異常なし。」
目の前にあるのは漆黒の空・・・
静寂の中に明滅するコンソールの光が、バイザーに反射してコックピット内を照らしている。
「了解。アルフレット、こちらでもアンノーンの反応はありませんが、周辺領域のミノフスキー濃度が上昇しています。ちょっと気になりますね・・・」
「バーニー、この辺に例の奴がいるという情報は本当のようだね。俺のシックスセンスにビンビン響いてくるものがあるぜ。」
孤独のコックピットの中でアルフレッドは操縦桿を握る手を離し、掌が汗ばむのを感じていた。

GMS2_8.jpg


最近、この空域では連邦の機体が次々と撃墜されているが、だれも相手の機体の姿を確認していない。唯一生き残ったパイロットの証言では複数の方向から一斉に攻撃を受けているのにどこにも敵の機体反応がなく、見えない敵に包囲されていたようだったとのことだったが、上層部ではとても正常な意見としては受け入れられないような内容で、生存したパイロットの恐怖と意識混濁下の盲言との声が大半を占めていた。事実そのパイロットは、担当官への報告後、撃墜時のトラウマからかせっかく取り留めた命を自ら断ってしまっていた。
その場所に残された書き殴りにはただ
「ファントム」
とだけ書き残されていた。

GMS2_3.jpg


「バーニー、本当に何もいないのか・・・。なんか変な汗が噴き出してくる・・・少し移動するぞ。」

Bwooo、Bwooo、Bwooo!!!!

GMS2_4.jpg


アルフレットがバニアペダルをひと踏みした直後に元いたところに砲撃音が四方から殺到した。

「やっぱりなにかいるぞ!」
反射的に周辺を見回したが、敵機らしき機影が見当たらない。
レーダーもなんの反応もない。
しかした確かに敵はいる。

暫しの静寂・・・

不意に右のこめかみがズキンと針で刺したような痛みが走った。
無意識に前方下方に機体を滑り込ませた瞬間に先ほどと同じように閃光が走り去った。

Bwooo、Bwooo、Bwooo!!!!



「見えたぞ!バーニー、敵はモビルスーツじゃない!小型の砲撃機体だ!」
「えっ!なに!モビルスーツからの長距離射撃じゃないの?確かにこちらからは捉えきれていないけど・・・。」
「いや、射撃ではないな。一瞬だが射撃後の移動バーニアの光で砲撃機体が見えた。敵さんはどうやってか知らないが小型の機体を複数・・・射線の数からすると最低でも4機・・・離れたところから息を潜めて操作しているらしい・・・。バーニー、感じるんだよ・・・」

アルフレットはそう言うと目の前の虚空に意識を同化させていった。
危機的状況にあるにも関わらず、周りに存在する様々な状況が見えてくるようであった。
それは小さなデブリの移動まで感じるようであった。

「不思議だ・・・なんか周りがわかる・・・」
「アルフレッド、大丈夫か!しっかりしろ!いいから全速でその宙域を離脱するんだ!!」
「バーニー、大丈夫だ・・・これまでに経験したことがないくらい周りがわかるんだ・・・敵の位置もいまならよくわかる・・・いくぞ!」

そういうとジムスナイパーⅡのカスタム機体をフルスピードで加速していった。

GMS2_2.jpg


「アルフレッド、だめだ。いまの装備は長距離での射撃戦を想定したもので接近戦には不利だぞ!」
「いや大丈夫だ。相手さんの位置が掴めているのであれば、こちらから接近しなくても打ち抜いて見せるさ!」
射撃自動管制システムをOFFにし、マニュアル射撃モードに移行した。

「まずひとつ!」
Bom!

GMS2_4.jpg


「次!」
Bom!


GMS2_6.jpg

「三つ!」
Bom!

GMS2_7.jpg


「最後!」
Bom!

GMS2_1.jpg


機体姿勢を次々に変えながら、連続して4回の発砲を行った。
一瞬の静寂・・・
時間にして一呼吸もあっただろうか・・・
一際明るい光点が広がり、すぐに爆縮した。
Zwoo
 Zwooo
  Zwoooo
   Zwooooo

「よし!!バーニーやったぞ!」
「アルフレッド、ほんとか!しかし油断するな!まだ本体がいるのだろ・・・」
「あぁ、確かに本体はいたと思う・・・。しかし、もう感じない・・・多分大丈夫だろう・・・」
ヘルメットのなかで額から一筋の汗が流れ落ちた。

GMS2_10.jpg


その後暫くはこのファントムからの襲撃は止んだが、今回の戦闘での報告は重要なものとして捉えられなかった。
しかしその後、通称テキサスコロニーで第十三独立部隊の報告であったMAからのものと酷似していた。

GMS2_9.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZ

Author:KAZ
徒然なるままに・・・

気ままに趣味である模型作品や創作小説?をUPしていきます。更新はかなりまったりとしてますので、気長にお付き合いください。

Since2013.09.18~

カレンダー/更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Gallery 2016
Gallary2015
Gallery 2014
Gallery 2013
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
9672位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1150位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。