スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作成記 ---- ジムスナイパーⅡ 1/144 HGUC Vol.1 ------

さて、ブログをはじめて最初の作成記になります。
これまで完成した過去作を中心に進めてまいりましたが、この辺でひとつ作成記を・・・

今回のキットは
1/144 HGUC RGM-79SP ジムスナイパーⅡになります。
箱絵は最近のキット箱絵の中でも特にカッコイイと思います。
射撃姿勢が決まっています!
オマケキットのドラケンEもGoodです。

PAP_0001.jpg

キットは発売されて暫くたっていますが、何気に積み(罪?)プラの供養を始めます。
ほんとはジムスナイパーカスタム(MSVのミドリの奴)のほうが好きなんですが、そのうち作成は考えてみたいと思います。

早速仮組みをサクサクと行いました。
なぜかバンダイさんのジムシリーズって組んでみると残念な感じになるのはどうしてでしょうか・・・

PAP_0007.jpg

色んなところの作例を見ると、定番として
①肩の接続位置を変更して上にあげる
 (そのままだとなんか違和感抜群の肩位置ですし・・・)
②腹部の延長
 (ガンダムシリーズでは定番?)
③太ももの延長

こうすると全高が高くなりスケール的には正しくなくなるのでしょうが、やはりカッコよさが優先です。

第一回として今回は肩の位置上げを行います。
工作としてほかの方々の工作と同じかどうかはわかりませんが、我流で進めていきます(笑)

PAP_0011.jpg

まず、よく肩の接続部分(ボールジョイント)だけを切断して真鍮線とかで補強して接続位置を変更している作例もありますが、今回は接続部分だけでなく、その周辺と一緒にカットソーで切断します。
位置的にはダボがある部分を目安に切断しています。
その後接続部分を下に下げて接着します。
ただし、そのままでは台形になっているので、隙間ができてしまいます。
そのため、切断したパーツの側面に0.5㎜プラ板を貼り付けます。

接続位置は現物合わせで確認しながら場所を決めます。
今回は位置として4㎜程下に移動します。

ついでに肩の側面のノズル(?)は一部パーツの構成上、合わせ目が出ますので、一方のノズル部分をカットし、一方に寄せてしまいます。
また寄せたほうも別パーツ感を出すためにカットソーで切り込みを入れます。

PAP_0010.jpg


この段階で一度両肩を合わせてみます。
うーん・・・なんかあんまり変わらない?

PAP_0008.jpg

今回はここまで・・・

更新は工作の具合によりますので不定期になると思いますが、その辺はご容赦ください。。。。。
次回の工作場所については作成者の気が向いたところからになりますので、未定です(笑)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZ

Author:KAZ
徒然なるままに・・・

気ままに趣味である模型作品や創作小説?をUPしていきます。更新はかなりまったりとしてますので、気長にお付き合いください。

Since2013.09.18~

カレンダー/更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Gallery 2016
Gallary2015
Gallery 2014
Gallery 2013
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10008位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1189位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。