スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Go! エイトレンジャー  --プチッガイ改--

今回はちょっと話題をかえて、息抜き程度です。
ちょっと話題に乗り遅れた感が抜群の「プチッガイ」です。
PUTTIGUIs1.jpg

なにげにマテリアル購入時にあったコイツを手に取ってしまったのが運の尽き・・・
ほら、組んでけろ・・・
そんなかわいい顔で見つめないで・・・

・・・

・・



わかりました!!組みますよ!
しかし、そのまま素組みはしませんよ。ふっ・・・

さて、どうするかなーって考える間もなく、お題は某アイドル戦隊のエ●トレンジャー!
なんでこのチョイスかというと・・・
嫁と娘の影響で映画まで見てしまっているんです。

そのうえ大●くんのファンときたもんだ・・・

ということでいきなり完成です。
プチッガイ8レンジャー4面図

行った工作としては

・ベルトの工作・・・曲面への工作でいsたので、プラ板ではなく、ポリパテで作りました。
・背面ブースター・・・ジャンクパーツよりでっち上げ!
・変身ベルト・・・3㎜ップラパイプを輪切りにして稼働軸を付けて作成
・ヘルメット・・・これも曲面でしたので、ポリパテで作成・・・一番大変でした。
         面積も大きいし、滑らかにするため、夜な夜なヤスリがけ・・・
         なんとか滑らかになった(ふー)
・バイザー基部・・・プラ板で作成
・バイザー・・・透明プラ板で作成して、スモークをスプレーで仕上げています。

元々はシャイニングレレッドのプチッガイでしたので、ホワイトサフを全身に塗装後にグリーンで塗装しています。
ヘルメットのみメタリックグリーンで光沢仕上げ、そのほかは艶消しで仕上げています。
sDSCN1846.jpg

sDSCN1850.jpg

変身

参上

sDSCN1851.jpg

sDSCN1852.jpg

ぐち


ちなみにドラゴンの進捗は思うほど進んでいません・・・スイマセン。
現在足の加工中・・・

今回は息抜きということで・・・
スポンサーサイト

第1回 ドラゴンガンダム

さてFMS3も終わりある種の「燃え尽き症候群」ですかねー
中々手が動きません・・・
それでも最後の1体は完成させねばと気持ちを奮い立たせて作業開始!!
G_Gundam_0_Title_20151103161103656.gif

4875_1.jpg

こいつも結構難儀しそうなキットです。
旧キットを仮組みして眺めていても
 何を素体にするか?
 腕のギミックをどうするか?
 フェイス部もこれまでと同じ手法でよいのか?
 ・・・・・
 ・・・・
 ・・・
 悩みがつきません!
ドラゴン旧キット4面図

ここはまず素体としてシャイニングガンダムで取り敢えずいってみます。
ドラゴンベース4面図

まず工作しやすい箇所から作業開始

太もも部分は真ん中のスジが不要ですので、パテ埋めして、成形します。
後ほど2㎜程延長したいと考えています。
ふともも

ひざ下部分は定番の素体キットを削り、旧キットをかぶせます。
そのままでは長さが短いので、旧キットのふくらはぎというか足カバー部分を切り離します。
ふくらはぎ

ちなみにこういった形の切り離し作業の場合、自分はタガネの一番細いので、何度もスジ彫りを行い、徐々に深くして切り離します。
ある程度複雑な形でも旧キットであれば、比較的簡単に切り離しできます。

切り離し後、足らない部分をパテで補てん+補強して、旧キットをかぶせています。

ただし、ここで外側のモールドをどうやって復元するかは全くのノープランです(笑)

足先部分ですが、シャイニングガンダムはハイパーモードのためにつま先が伸びるギミックがあります。
それを利用して、大きめに設定します。
その後、パテとプラ板で調整しています。
元キットパーツ比較1

足先上部

足つま先

足かかと

リアアーマーは素体の稼働ギミックを生かし、シャイニングの稼働用の軸をそのまま接着!
サイズ的に少々横幅が少なくほかのアーマーを付けた際にスカスカ感があったので、幅まししています。
リアアーマー

サイドアーマーも同様に稼働軸を移植し、少々後ろ方向へ寄せて接着しています。
サイドアーマー

フロントアーマーは旧キットのままでなんでこんなに薄いの?ってくらい薄いのですが、現状では素体キットの軸を移植しています。
フロントアーマー


これが現況の形です。

第一回現状

まだまだ、どうなの?ってレベルですが、このまま行ってみましょう!

第5回 ローズガンダム



先週はFMS3が開催され、無事参加できました。
主催いただきましたFMS実行委員長 kogatti様とジョエ様、第3回となるFMS開催ほんとにありがとうございました。
今年は午前・午後2回の皆さんの作品をいじりながらのコジマ大隊長と吉本プラモデル部部長パンクブーブー佐藤哲夫のトークショーは非常に参考になる部分とトークそのものを楽しませていただきました。

また、各参加作品も非常に多く、見ごたえのある作品から、クスッと笑える作品(参加者はどの作品かお分かりかと思います・・・)まで幅広いジャンルでした。
参加者だけでなく、来場いただいた方も非常に多かったように思います。
昨年は体調不良で参加できませんでしたので、今年参加できてほっとしています。

全体的な感想としては「作品のコンセプトを明確にすることは大事!!」ということです。
確かに皆さん凄い技術を持たれている方もおられます。
しかし、作品のコンセプト=みる人へのメッセージが明確でないと、単に技術の披露宴になってしまいます。
それはそれで、私のような未熟者には参考になるのですが、見ていて何度も足がとまったのは「コンセプト」が見える作品でした。
自分がこんな偉そうなこがいえる立場ではございませんが・・・

またコジマ大隊長のお話しは毎回参考になります。
トークの多くは危ないもしくは放送できないお話しもありありますが((笑))・・・
ひとつでもお持ち帰りできることがあるのはうれしいです。

また、来年のFMS4があるのであれば、是非今回のリベンジで作品準備したいと思います!!


では、本題
【ガンダムローズ作成記 完結編】

G_Gundam_0_Title_20150922225110261.gif

ガンダムファイト国際条約

第一条 - 「頭部を破壊された者は失格となる。」
第二条 - 「相手のコクピットを攻撃してはならない。」
第三条 - 「破壊されたのが頭部以外であれば、何度でも修復し決勝リーグを目指すことができる。」
第四条 - 「ガンダムファイターは己のガンダムを守りぬかなくてはならない。」
第五条 - 「一対一の闘いが原則である。」
第六条 - 「国家の代表であるガンダムファイターはその威信と名誉を汚してはならない。」
第七条 - 「地球がリングだ!」
 第一条補足 - 「試合中の過失によるガンダムファイターの殺傷は認められる。」
 第七条補足 - 「ガンダムファイトによって地球上の建築物を破壊しても罪に問われることは無い。」

sGgundam_stalker.jpg

さて皆さん、シャッフル同盟第3弾でもある「ガンダムローズ」が完成しました。
意外と苦戦したのですが、完成するとなかなかいい感じ!
最初はどうなることかと心配しておりましたが、いやはやよかったです。

さて今回のファイトの相手は華麗なる騎士道精神を持った現代の騎士ジョルジュ・ド・サンドが操るネオフランスのガンダムローズ!
ジョルジュ紹介
Gf13-009nf.jpg


ジョルジュ自身が得意とするフェンシングでの攻撃もさることながら、攻防一体の必殺兵器であるローゼスビットを有する遠近のバランスの取れた優秀な機体です。
果たして優雅な戦いで華麗に勝利することができるのでしょうか?
ドモンに勝機はあるのでしょうか?

それでは
ガンダムファイト
レディィィ
ゴォォォォ!!!
ストーカー

表紙ローズ

ローズ完成4面図

分類:モビルファイター
形式番号:GF13-009NF
全高:16.2m
本体重量:7.2t
所属:ネオフランス
パイロット:ジョルジュ・ド・サンド

Data
マント部に収納されているローゼス・ビットを自由自在に操るガンダム。舞い散る花びらの様に敵を翻弄するローゼス・ビットは、多方向からのビーム攻撃やビーム・ネットによる結界、ビットの自爆攻撃等、相手に反撃の余地を与えない。また、パイロットであるジョルジュの放つサーベルさばきも脅威である。

ネオフランス

ジョルジュ様、今回も華麗に私に勝利をささげなさい。
どこの馬の骨ともわからない無粋な輩に思い知らせてあげなさい!

ぼっちゃま、油断めさらないように・・・

9a8cc1fa[1]

ドモンとやら、勝負の途中に割り込んできたその振る舞い、優雅ではない・・・
しかたがありませんね、邪魔たてをするのなら、勝負してあげましょう。
すぐに実力の差を感じて逃げ出さないようにしてくださいね。

いけ、ローゼスビット!
sDSCN1808.jpg


必殺!ローゼスハリケーーン!
ローゼスハリケーン!


ネオフランスと他の国のファイトに割りこみ、ネオフランス代表のジョルジュ・ド・サンドの乗るガンダムローズに闘いを挑むドモ

ン。しかし、その非礼な態度は、礼を重んじるジョルジュの反感を買うことになる。
その後、様々な事情が絡み合い、ジョルジュの気を惹くために偽装誘拐を思いついたネオフランスの姫君マリアルイゼは、城を抜け

出した先でドモンに出会う。ガンダムローズとどうしても闘いたいドモンに、マリアルイゼは偽装誘拐を提案するのだった。

この後の戦いがどうなったかは本編(第4話 いざ勝負!真紅のバラの貴公子)をご覧ください!

・・・To Be Continued


【小ギャラリ】
おまけでそのほかの写真を掲載しておきます。
sDSCN1813.jpg
ローゼスビット
sDSCN1804.jpg
sDSCN1785.jpg
sDSCN1812.jpg
sDSCN1806.jpg

【作成後記】
毎度のことですが、どのパーツが使えるかなーと眺めていた時には上半身が苦労しそうだna-と思っていましたが、意外と足の部分が大変でした。
FMS3にはなんとか間に合いましたが、前日夜中までの作業で突貫でした。
そのため、多少粗さが出てしまいましたが、なんとか完成しました。
ほんとは最後のシャッフルもそろっての出陣したかったのですが・・・



ではでは、次回作もシャッフル同盟の最後の機体、素体の選定中ですので、もうしばらくお待ちください。。。
プロフィール

KAZ

Author:KAZ
徒然なるままに・・・

気ままに趣味である模型作品や創作小説?をUPしていきます。更新はかなりまったりとしてますので、気長にお付き合いください。

Since2013.09.18~

カレンダー/更新日
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Gallery 2016
Gallary2015
Gallery 2014
Gallery 2013
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8836位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1078位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。