スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムシュピーゲル 第1回

今回は素体として「AGE-1」を利用して進めます。
等身的にはHGシャイニングガンダムと一緒ぐらいかちょっと大きいかも・・・
稼働域についてはAGEシリーズは良素体4面図
好なので、これでいきます。

手始めに下半身の工作から進めています。

足に関してはAGEをベースにシュピーゲルの委託(記号)を盛り込んでいきます。
かかと部分の形状が異なるので、プラ板で形を出して貼り付けています。
こうすると結果箱組みになり、稼働にも影響がありません。
つまさき部分に関してカーブが明らかに違うので、旧キットを参考にしつつここもプラ板で形を出して貼り付けています。
最後につま先正面のディテールを彫り込んでエバグリーンのディテールプラ板を貼り付けています。
するとなんとなく遠ーい目でみるとそれっぽく見えます(^^;)
写真がピンボケしていますね・・・・・
KC4F0059.jpg
足比較

アンクルアーマーについては、旧キットから切り出して使用しています。
そのままでは幅がありすぎるんで、約2㎜程度幅詰めして利用します。
稼働についてはAGEのアンクルアーマーの軸のみを利用して瞬着で接着。
意外と丈夫にできました。
KC4F0064.jpg

ふくらはぎ部分について
ここは大工事になりました。
まず、AGEのキットふくらはぎ部分の形状と膝アーマーの形状が全く異なります。
そのため、AGEのふくらはぎ部分を大胆に切り取ります。
その後、エポパテで土台を整えています。
旧キットから膝アーマーとふくらはぎ側面のディテールを流用します。
膝アーマーはできるだけそのまま取り付けしますが、多少幅調整しています。
ふくらはぎ部分については当初そのまま取り付けれるかと甘い考えでいましたが、やはりというか
そりゃそうだというか大きさが全然違いました(^^;)
ですので、
旧キットの形状をトレースして、1.5倍くらいの大きさでプラ板を4枚切り出し、ガイドにします
AGEのキットの適当な高さにこのプラ板を貼り付けて、ポリパテで造形してきます。
整形した後に、旧キットから切り出したパーツを頂点として線がつながるように調整しています。
下肢比較

旧キット使用部分

ふともも部分について
正面はAGEのままだと角ばっていますので、AGEキットの角を落として、ポリパテで丸く成形していきます。
敢えて太もも裏についてはAGEのまま残しています。
(決して手抜きではありません(^^;))
その後、旧キットの太ももアーマー(?)を移植します。
旧キットのままでは厚みがありすぎるので、ひたすらヤスリます。
上肢比較

上肢比較2


腰アーマー正面
旧キットをベースにして2mm程度外側と上に延長しています。
稼働部分についてはAGEのフロントアーマーの稼働軸を移植します。
フロントアーマー比較


腰アーマー側面
旧キットの稼働軸のままでは腰との距離がありますので、軸内にポリパテを充填して3〜4㎜程度短くします。
その後AGEの軸を移植するためにピンバイスで穴あけします。
一旦取り付けてみると少し後ろ方向に幅が短い感じがしましたので、2㎜程度延長しました。
腰アーマー比較


腰アーマー背面
旧キットのパーツを切り出してそのまま移植でOK・・・・って考えが甘ちゃんでした。
そのままでは脚部がほとんど後方に稼働しなくなります!
そのため、単純に下駄をはかせて取り付けてもいいのですが、なんだかブサイクに思えたので、稼働軸を設けて多少稼働するように工作しました。
余ったポリキャップに受けを作成して、旧キットアーマーに取り付け軸を設けることで解決させています。
腰工作


下半身全体
左が工作後、右が比較的工作していない状態で状況を見ています。
まぁ満足のいく工作になったかと思います。
この後右足の工作+ディテールアップを行っていきます。
最近この方法で片側で工作の手順・段取りを確認して反対側の工作を行うことで、時短するようにしています。
腰工作2

足全体
下半身4面図

KC4F0083.jpg

KC4F0084.jpg

今回はここまで。次回は上半身の作業に移っていきます。
ではでは・・・
スポンサーサイト

ガンダムシュピーゲル 第0回

さてシルバーウィークも残すところ明1日となりました。
なんか急にこんな大型連休をぶっこまれても・・・なにをしたらいいのか?
うーん、やっぱり趣味にいきるしかないなぁ?

ふらーっとよった行きつけのプラモ屋でこれみつけました。
カミキバーニング箱絵

ジャーン!カミキバーニング!
パッと見Gガンダムに出てきてもおかしくない造形。
武器が刀!(これ何気にポイント高し!)
ただ、左肩の「神」のデザインが・・・
うーんこれって一体は素直に改造してみます。
pct_main.png

さて、前回はシャッフル同盟の一角をなす『ボルトガンダム』を作成しましたが、まだGガンダムの旧キットの在庫があります。
ここは連続してGガンダムシリーズを展開したと思います。
G_Gundam_0_Title_20150922225110261.gif

それではなにかを作ろうかと考えておりましたが、手がかかりそうにないこいつで行きます。
ガンダム・シュピーゲル』です。
gf13-021ng.jpg

シャッフル同盟でも敵役のGでもありませんが、劇中では重要な役どころを演じてます。
序盤では4ガンダムや主人公さえも歯がたちません。
そのうえ『ネオ・ドイツ」のガンダムなのに『忍者』!
それも『ゲルマン忍者』って!
2031.jpg
GDS-4422.jpg

それでは旧キットの箱絵です。
今回はドラゴンガンダムがやられやくになっています。
素組みをみるとエッジの甘さはありますが、そこそこの出来です。
しかし、なんかずんぐりしています。
自分のなかでの「シュピーゲル」=「Gの影忍」的なスマートな機体のイメージですが、頭の鉄兜を中心に考えるとドイツ軍人のように無骨でもいいのか・・・
旧キットGシュピーゲル4面図

素組み4面図になります。

ここで今回はガンダムエイジを素体にします。
眺めてみると角ばっている部分の改修で意外とかぶせることでなんとかなるかもって思わせます。
KC4F0043.jpg

さてここからどのように現代版シュピーゲルになるのでしょうか?

ボルトガンダム作成記 完結編

第3回福岡モデラーズセッションが開催されます!!
第1回に参加→第2回はインフルで欠席(;_:)
今回はリベンジを誓って参加したいと思います。
運営の方々は福岡でこのような会を企画いただき、ただただ頭が下がる思いです。
今回はフリージャンルになるので、なにを準備するか、これから考えていきたいと思います。
ちなみに下記の日程で開催されますので、是非お近くの方はもちろん郵送でも参加OKのようですので、興味をもっていただいたら、FMS3のホームページを覗いてみてください。


開催日 2016年1月31日(日)
会場  福岡ビル 9F 大ホール
時間  10:00?17:00


【ボルトガンダム作成記 完結編】
G_Gundam_0_Title.gif


ガンダムファイト国際条約

第一条 - 「頭部を破壊された者は失格となる。」
第二条 - 「相手のコクピットを攻撃してはならない。」
第三条 - 「破壊されたのが頭部以外であれば、何度でも修復し決勝リーグを目指すことができる。」
第四条 - 「ガンダムファイターは己のガンダムを守りぬかなくてはならない。」
第五条 - 「一対一の闘いが原則である。」
第六条 - 「国家の代表であるガンダムファイターはその威信と名誉を汚してはならない。」
第七条 - 「地球がリングだ!」
 第一条補足 - 「試合中の過失によるガンダムファイターの殺傷は認められる。」
 第七条補足 - 「ガンダムファイトによって地球上の建築物を破壊しても罪に問われることは無い。」

sGgundam_stalker.jpg

さて皆さん、これまで長々と続いてきましたが、「ボルトガンダム」の回も今回で最後になります。
いよいよ完成です。
バン◯イの策略でいまだHGUCで発売されていないこのガンダムファイターとガンダムの気持ちをお考えになったことがおありでしょうか?
全国のガンダムファイトファンの間でも切望されていると思いませんか?
ドモンだけが優遇されるのは主人公ゆえの宿命なのでしょうか?


今回のファイトの相手はネオロシア率いるボルトガンダム!
パイロットは元は宇宙海賊のリーダーだったあのアルゴ・ガルスキー!
13回大会でも屈指のパワーファイター!
さて今回の勝負の行方やいかに・・・

それでは
ガンダムファイト
レディィィ
ゴォォォォ!!!
ストーカー

sDSCN1510.jpg

分類:モビルファイター
形式番号:GF13-013NR 全高:17.3m
本体重量:8.9t
所属:ネオロシア
パイロット:アルゴ・ガルスキー

【機体Data】
機体の各所に独立駆動機関「ビクトル・エンジン」を内蔵する高出力、重装甲のガンダム。その総合出力は通常のガンダムの約2倍のパワーを有し、圧倒的な破壊力を持つグラビトン・ハンマーで相手を粉砕する。また、その厚い装甲は高い防御力を誇り、多少の攻撃ではビクともしない。


sDSCN1521.jpg

俺には戦わなければいけない理由があるんだ!
ドモーーーーン!

アルゴーーーーー!
ごちゃごちゃ言わずに拳で語ってみろーーーー!!



やはりPowerでは大会屈指のボルトガンダム!
ネオジャパンのガンダムは防戦一方だぁーーー
sDSCN1520.jpg

この後の戦いがどうなったかは本編(第5話 大脱走!囚われのガンダムファイター)をご覧ください!

・・・To Be Continued


【作成後記】
全体4面図
①四面図‗完成

キメ
sDSCN1506.jpg

sDSCN1499.jpg

sDSCN1523.jpg

sDSCN1524.jpg

sDSCN1517.jpg

sDSCN1518.jpg

ガンダムシリーズの中でも大好きなGガンダムシリーズ!
旧キットの再販を受けていまのHGUCにあうシャッフル同盟各機がほしいーーーーという欲望のまま作成を開始しましたが、いかがでしょうか?
心残りも多少ありますが、そこそこの満足感はありましした。
細かい工作には腕が伴わず粗いところもありますが、今後精進を進めていきます。
さて、今後も機会とモチベーションがあれば、ほかの機体もそろえていきたいと思います。
現在、ドラゴンガンダムだけが入手できていない状態ですが・・・
バンダイさん、もう一度再販お願いします。

ではでは、次回作がなにになるかは、もうしばらくお待ちください。。。



プロフィール

KAZ

Author:KAZ
徒然なるままに・・・

気ままに趣味である模型作品や創作小説?をUPしていきます。更新はかなりまったりとしてますので、気長にお付き合いください。

Since2013.09.18~

カレンダー/更新日
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Gallery 2016
Gallary2015
Gallery 2014
Gallery 2013
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8836位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1078位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。