スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルトガンダム作成記 その①

巷は一気に猛暑爆発中!!ですが、皆さん熱中症に注意してこまめに水分補給しましょう!

ということで、前回はどこぞの同好会のような「予告編」でお茶を濁したみたいですいませんm(__)m
今回はちょっと工作を進めます。
※しかし、REVIVEのガンダムも出るし、各誌も入手したし、艦コレはまってるし・・・・
周りには誘惑がいっぱい!

さて前回宣言したようにタイタスをベースにしてボルトガンダムを作ってみます。
なぜタイタスがベース?って理由なんですが、
ズバリ「肩」の丸みと「パワー系」のイメージ!

早速タイタスの素組みしてみました。
これはコレでありかなぁ〜
けど正統派のガンダムではありえんなぁ〜
あくまでも「G」のような異形のガンダムであればありえますが・・・
キットとしては最近(っていっても少し前ですが)のモノですので、よく動きます!

ベースキット

次にボルトガンダムを素組みしてみました。
当時としてはよくできていたのではないかと思います。
このまま弄って行ってもそこそこ形になるように思います。
しかし、悲しいかな、関節周りのつくりやディテールなどがあまいですけど・・・
あとよく見ると頭部の大きさとしてはちょっと大きいだけですが、フェイスが予想以上に大きいので、全体として非常に大きく見えてしまいます。
旧キット

2体を並べてみました。
・・・・う〜ん・・・・・
・・・・・・・結構・・・・・
・・・・・・・・・いや、大分・・・・
②比較



取り敢えず簡単にパーツをミキシングしてみました。
ちょっと身長が伸びてしまいましたが、何となく形になっておりませんか?
うん、形になっている!(・・・・と強く信じています。)

①3面図比較


大まかな改修のポイントのまとめ
・頭部の小顔化
  ファエイス部分を入れ替えて、頭部のタイミングを変更
・腕
  こぶし+上腕はこのままでは大きいので、考えます。
  肩はこのまま利用してボルトガンダムの特徴のひとつとします。
・胸部
  ここは結構手を入れないといけないかも
・足
  旧キットを利用して形にします。
  太もものこの大きさは魅力的・・・
・腰
  基本的にタイタスをベースにしてアーマーを移植します。

ざぁーとみてこんな感じですかね〜

次回から、各パーツごとに進めていきます〜
ボルトガンダム雄姿
スポンサーサイト

ZAKUⅠ&Ⅱ 【サンダーボルトG】 最終回

最終決戦 チーフディフェンダー

s①表紙

サンダーボルト宙域での超長距離射撃での経験をフィードバックされより小型の長距離砲の試作機が開発された。しかし、今回の戦争も連邦に押し込まれる戦況になり、遂にジオン最終ラインでの攻防が始まったのであった。

sDSCN1047_2015071211033137e.jpg

sDSCN1067_20150712110332b4f.jpg

いよいよここもやばくなってきたかも・・・
今回受領した「長物」も残弾数が少なくなってきたし、連続射撃で砲身の冷却にも時間がかかるようになってきた。
そもそも老いぼれが、この旧型でこの戦場に駆り出されること自体かなりヤバいだろ・・・
護衛も学徒あがりのひよっこのマークスとはなぁ・・・
自分の息子ほどの兵士にこの身を守ってもらわなきゃいかんとはなぁ。
サンダースはソロモン会戦で戦死した息子の姿が脳裏によぎったことに苦笑しながらも冷静に戦場の推移を見通していた。

s②ZAKUⅠ

「そろそろここも限界だ!若いの、撤退の準備を行うゾ!」
サンダースは自分の護衛についているマークスに声をかけた。
「了解です。サンダース軍曹!くっ、敵機が2機接近してきます。」
マークスから弾幕を張りながら、緊張で上ずった声で応答してきた。
「ちぃ、マークスかまうな!!撤退するぞ!」

s④全体Ⅰ

敵さんもこのままなにもせず見逃してくれないか・・・
サンダースはパワーレンジモニターの脇にある古びた家族写真のなかで平和にほほ笑む妻と息子に無意識に呟いた。

この会戦の後、一兵卒である彼らが無事であったかは記録には残らない・・・



【作成後記】

s⑤ザクⅠ四面図

ポーズや部分アップなど
ザクIの四面図+バストアップになります。
最終決戦では旧式のザク1も当然投入されていると思われます。
ただし、通常装備では戦力的にも貧弱なので、試作長距離狙撃砲を装備し、大型バックパックにそのほかの装備を外すことでエネルギージェネレーターの容量を確保して対応しています。
サンダーボルト版では「作業ザク」のカラーしたが、ここはやはり「旧ザク」カラーでいきます。
基本的にふとももの延長+ディテールアップを中心に作成しています。
バックパックについてはキットのものでは正直カッコ悪いのでザク2のものを使用しています。(大容量ジェネレーターの設定も兼ねてます)
長距離狙撃砲はジャンクのでっち上げ(笑)です。
塗装については旧ザクのイメージで筆塗りです。

s⑥ザクⅡ四面図

ザクⅡの四面図+バストアップです。
ザク1の護衛として通常のバックパック装備とは異なり、ファランクス(ガトリング砲)を装備し、接近する敵を排除します。
ザク1とはW主演ということで・・・
こちらも基本的にふとももの延長+ディテールアップを中心に作成しています。
バックパックのファランクスはジェスタのキットから拝借しています。
設定としては付属のレーダーにて自動的にアンノン(敵機)を認識し、自動追尾しながら実弾をばらまきます。
もう片方のサブアームは稼働できるようにスクラッチしています。
(折り畳み可能です。)
塗装については旧ザクのイメージで筆塗りです。

サンダーボルト版のザク1とザク2を並べて飾りたくて、ベースを作成しました。
最初は簡単なものでしたが、そのうち少しディテールアップしながら作りこんでいます。
イメージとしては最終決戦時に使える戦力はすべて投入されているため
ザク1&2の共演でいきます。
ザク1が狙撃により長距離攻撃を行う傍らで、その護衛もかねてザク2が並走しています。
本来であれば、今年のFMS2に参加するために作成していたのですが、体調が悪く当日持ち込みできなかった作品のリベンジです。
FMS3もあるといいなー

ZAKUⅠ&Ⅱ 【サンダーボルトG】 その4

中々、プライベートが落ち着きません・・・
人の世のなんとせわしいことか・・・
うまくいかないときはなにをやってもうまくいかないものですね~

さて先月からのモデグラのマガジンキットの「F14」楽しみです。
1/72とのことでしたが、作例をみると素晴らしいディテール+造形!!
ファインモールドさん、Goo JoB!
色々は作例をみて、パーツがすべてそろった際に工作できるかなぁ~
自分の腕と相談しながら、楽しみは先に・・・

モデグラ07
モデルグラフィック7月号

また、リファインガンキャノンの発売もされているので、こちらは2台まとめ買いで「109」&「108」を同時作成しようと密かにこころに決めてみたり・・・
(ここで書いている時点で密かではありませんが(笑))
ガンキャノン箱絵
1/144 HGガンキャノン

さてさて第3回MGコンペ [MGC3] のサンダーボルトザクも第4回目です。
最後にベースそのほかを・・・
sDSCN0956.jpg

sDSCN0958.jpg

sDSCN0960.jpg

最初は単純なベースでしたが、イメージとしてムサイの甲板?エンジン部分の破片あたりでの攻防を考えています。
ベースがそれだけではさみしかったので、追加で工作しています。
右上の塊(笑)は漂流物と考えてください。
(うーん、余計だったかも・・・)
2機同時に飾れるようにアームを2本生やしています。

sDSCN0981.jpg

sDSCN0961.jpg

これで各パーツでのお話は終了です。

次回はMSG最終回です。

ZAKUⅠ&Ⅱ 【サンダーボルトG】 その3

さて第3回MGコンペ [MGC3] のサンダーボルトザクも第3回目です。
前回のザクⅡの完成形です。
投稿している写真では小さかったところもあるので、稚拙ですがどうぞ。

バックパックとディテールアップを中心にして、筆塗りで仕上げています。
ポーズも箱絵をまねてみましたが、なかなか決まりませんね〜
できるだけ、空間戦闘をイメージしてみましたが・・・

まだまだ撮影もへたですが・・・
sDSCN1063.jpg

sDSCN1034.jpg

sDSCN1022.jpg

sDSCN0970.jpg

sDSCN1065.jpg

ZAKUⅠ&Ⅱ 【サンダーボルトG】 その2

さて前回から引き続き、第3回MGコンペ [MGC3] のサンダーボルトザクです。

第3回MGコンペ [MGC3][MG]模型SNS|ガンプラ|プラモ

今回は多少作成中の写真もありましたので、書き留めております。
投稿している作品は2体でひとつの作品にしております。

ザク2のコンセプトは漫画「サンダーボルトガンダム」世界でア・バワクー戦の直前を想定しています。
単純なバックパック装備ではなく、もう少し攻撃的なバックパック装備とし、ZAKUⅠの援護機として中・近距離対応としています。

まぁ、ジェスタのガトリングが余っていたので、これを背負うと「カッコイイかなー」との単純な思い付きなんですけど・・・
しかし、あのバックパックくらい大きいものだと機動性(=敏捷性)は???と思ったりしますが・・・

さて、作成ですが、下の仮組み状態をしばらーく眺めていると、もう少しディテールがほしいところです。
このままTV版にしてしまいたい気持ちをグッと堪えて、このままサンダーボルト版でいきます。

sPAP_0036.jpg

背負いものでサブアームがキットのままではなんとなく「箱」しているのは・・・
と思い、思いっ切ってプラ板で自作しました。
キットの稼働と同等の稼働しますが、作り終わって「はっ!」と気が付きました(^^;)
「こ、これって縦方向しか動かないじゃん・・・・」
そうです、横軸方向のスクロールできないです。
これでは実際役に立たないんです・・・

sPAP_0005.jpg

sPAP_0004.jpg

しかし、ここを改修するとなると、修羅の道に踏み込みそうだったので、都合よく「忘れ」ることにします!!

また、ガトリングを背負っているいるんですが、ここも一応稼働します。
後から考えるとここも左右に稼働するようにすると自動追尾型のファランクスのようになるのに・・・
※写真ではまだガトリング前です・・・

sPAP_0016.jpg

sPAP_0014.jpg

sPAP_0019.jpg

sPAP_0007.jpg

全体的にプラ板を基本にして思いつくままにディテールアップしています。

取り敢えず今回はここまで


プロフィール

KAZ

Author:KAZ
徒然なるままに・・・

気ままに趣味である模型作品や創作小説?をUPしていきます。更新はかなりまったりとしてますので、気長にお付き合いください。

Since2013.09.18~

カレンダー/更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Gallery 2016
Gallary2015
Gallery 2014
Gallery 2013
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8836位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1078位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。