スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作成記 ---- ガンダムF91 1/144 HGUC Vol7------

世間では4月になり、通勤途中でもいかにも「フレッシュマン」がぞろぞろ・・・
毎年の恒例ではありますが、まだ学生気分が抜けていないのか、集団で固まって動かれていると結構邪魔なんで・・・
はやく通勤になれてね。
なんだかんだで、やっぱり年度末は忙しい(-_-;)
もう少し余裕を持った仕事ができればと思うのですが、なかなか予想通りに進まないことも多くて・・・

さて、世間では「ビルダーズ」は終了していますが、わが家では今頃になってブームが到来しております。
ネットで一話から見直し中でございます。
これってガンプラの形を借りたオールスター戦ですね?
モデラー的には非常に刺激を受ける部分やツボもちりばめてあって、今更ながら楽しんでおります。


2週間も更新なしで、4月初の更新になりますが、作成記第7回になります。
この2週間の間、サフ後のキズ取り、成形を行った上で、塗装+仕上げに向けて牛歩の作業を行っておりました。

今回は部分ごとに仕上げてデカールまで貼り付けしています。
この方法だとテンション維持はできるのですが、デカール貼は加減が難しくなります。

塗装は
 白・・・キャラクタホワイト(スプレー)
 赤・・・シャインレッド
 黄色・・・ガイアカラー 橙黄色
 青・・・キャラクタブルー
 グレー・・・ジャーマングレー
 ポイントで金・銀を入れております。
 
 基本筆塗り中心です。
 仕上げはデカール後に艶消しで整えております。
 デカールはガンダムデカールの中からイメージでチョイスしています。

F9107002.jpg

F9107003.jpg


毎回そうですが、黄色の扱いにいつも困ってしまいます。
このキットの場合にはバーニアの縁(!!)が黄色で表現されていますが・・・自分には無理(笑)です。
そこまでの腕がないので・・・
いつものことながら、細かい部分の特に黄色の塗装は難しいです・・・
近くで見るとガッカリしてしまいます。

F9107007.jpg


仕上げを見るとちょっとデカールやりすぎてしまった感が・・・

まだヴェスパーの仕上げが終わっておりませんが、現状はこんな感じです。

F9107004.jpg

F9107009.jpg


今回はここまで。
F91はやっと次回で終了できそうです。


次回以降もできるだけ定期的に掲載をしていきたいと思いますが、そこは大人の事情もありますので、ご容赦ください。。。。

ではでは


スポンサーサイト

作成記 ---- ガンダムF91 1/144 HGUC Vol6------

さて巷では卒業式も一通り終わり、桜の開花宣言も続いてされている今日この頃です。

ガンダム関係のニュースでは先日新作とオリジンの発表がありました。
オリジンはちょっと期待していますが、あの作画の感じがどこまでアニメで表現できるでしょうか?
ネットで公開されているプロモーションムービーを見る限りではユニコーンと同レベルの画像で期待できるし、安彦良和の独特の風味も再現できているようです。
ユニコーンと同じような公開方法のようですね。

オリジンlogo

http://www.gundam-the-origin.net/


もうひとつはある意味問題作?「Gのレコンギスタ」ですが、創通とサンライズの関係とか別の意味で大人の事情が絡んだ作品なんでしょうねー
プロモみても正直うーんですが・・・
まあ、実際に作品を見ないと判断できないので、こちらは実物まちですね。

レコンギスタlogo

http://www.g-reco.net/


ということで、作成記第6回なんですが、我慢しきれずにサフ拭きました。
予想はしていましたが、まー至るところ傷だらけ・・・
各部分よくチェックしながら、ひたすら傷消し中です。

けど、やっぱりサフ後が一番好きですね〜
どうしても色を乗せると自分の力量が出てしまい、数段落ちてしまうような気がします。
ではサフ画像をご覧ください。

F916006.jpg

F916008.jpg

F916007.jpg

F916002.jpg
F916005.jpg


F916001.jpg



全体を眺めながら、スジ彫を追加するか悩んでみます。

今回はここまで。


次回以降もできるだけ定期的に掲載をしていきたいと思いますが、そこは大人の事情もありますので、ご容赦ください。。。。

ではでは

作成記 ---- ガンダムF91 1/144 HGUC Vol5------

先日の地震はほんとビックリしました!!!
油断しているときにくるんですから・・・
夜中に携帯の地震連絡があってからすぐにグラグラと・・・
被害にあわれた方は大変かと思いますが、頑張っていくしかないのですね。
しかし、東北地震から3年と言われて、そのタイミングでの地震って何か不思議な縁というかなんというか、複雑な心境です。

さて、先週はちょっと色々とありまして、ズル休みしてしまいました。
皆様スイマセン。。。。

さて今月から来月の前半まではシゴトが非常に多忙になりますので、さらに不定期になるかもしれません。
(先に言い訳させておいて・・・)

けど、この春は見たい映画がたくさんありすぎて、もっと時間がほしいスッ!!


ということで、作成記第5回ということで始めていきます。
長々と作成を進めておりますが、弄りだすと際限がなくなりますので、この辺でボチボチと塗装に移っていきたいと思っておりますが、もう少しだけ工作編です。

今回は下半身+そのほかの部分の作業が中心です。

ひざ裏のグレー部分に関してはパーツを分割して工
前回太ももを延長しましたが、ボーっと眺めているとなんだか『足短くない?』と思い、さらに1.0㎜延長しました。

このキットは全身にある三角コーション(?)がなぜかモールドで再現されています。
素組み派や簡単工作派の人には塗り分けとかには便利なのだと思います。
流石バンダイさん!
しかし、弄りだすと「実機ではこんな状況ありえないのでは?」と思い、後先考えず削り取り+パテ埋めしてなかったことに(笑)
けど、このあと丁度いいデカールがあるのかは謎です…
F915003.jpg

F915002.jpg

足裏の肉抜きを埋めてモールドに違和感がないようにモールドを復活させています。

F915001.jpg

前回はバズーカの後ハメ工作を行いましたが、今回はビームライフルの後ハメ分割工作を行っています。
模型誌を参考にしていますが、自分はそのままではうまくはまらなかったので、現物合わせで行っています。
残すはヴェスバーのみなんですが、うまい具合にいく方法が思いつきません・・・
うーんどうしたものか・・・
もう少し各模型誌でもわかりやすい写真のせてくれたら助かるのにねー

F915004.jpg

現状の全身と上半身になります。
うーんできるところからパーツ洗浄してサフ吹きしてみます。
F915005.jpg

F915006.jpg


今回はここまで。


次回以降もできるだけ定期的に掲載をしていきたいと思いますが、そこは大人の事情もありますので、ご容赦ください。。。。

ではでは

作成記 ---- ガンダムF91 1/144 HGUC Vol4------

うぉー!今週のPM2.5ひどすぎ!!
近くのビルまで霞んで見える=目で見てわかるくらい酷い・・・
そのせいか、目はシバシバするし、頭は痛くなるし、のどはヒリヒリするし・・・
もー最悪スッ!!!!

黄砂の季節も大変だけど、それ以上に大変・・・
そら、外出自粛の通知もでるわなー
しかし、お仕事だとそうも言っていられないんですわ・・・

ということで、お休みの日はできるだけ外に出ないようにして、空気清浄機ブンブン回しております。


各模型誌発売になりましたが、今月は「モデルグラフィックス」のサザビーがやっぱりいいですねー
他誌では先月に特集組んでいましたが、ここだけ今月・・・
しかし、その分内容的に唸らせられました!
いつかはサザビー買って参考にしてみたいと思います。
それとヤマトの通称「三段空母」関連はどこもすごいですねー
電飾は非常に興味ありますが、まだ腕が伴いません↘
大型モデルはこのように電飾されていると非常に栄えるし、作品としての存在感が半端ないですよねー


ということで、作成記第4回ということで始めていきます。

今回は下半身とそのほか思いついたところの工作が主な内容になります。
前回でフロントアーマーを延長したことの印象の変更もあったので、太もも上部を延長しました。
1.0㎜延長してみたんですが・・・
あんまり変わらん。
もう1.0㎜延長するかはちょっと考えます・・・

F9104005.jpg

F9104006.jpg


アンクルガードの左右ダクトなんですが、これはないでしょう!
ちょっと残念すぎる造形ですので、思い切って作り直します。
コトブキヤのダクトを使用して、同じような形状に切り出します。
その際にダクト壁部分はプラバンで作り直すので、きれいに成形しておきます。
その後、0.5㎜プラ板で囲い、上部から下部に向けて斜めに成形していきます。

F9104002.jpg


アンクルガードのダクトを丁寧に切り取ります。
その後丁度台形の穴が出てきますので、ここで固定する感じで自作ダクトの背面にストッパーを設けて接着後のガタツキや不測の事態にならないようにしてから接着します。

F9104003.jpg


世間では「おゆまる」などで型を取って複製するのでしょうが・・・
残念ながら、私、そこまでの環境を持ち合わせておりません(笑)
そのため、同じものを4つ手作業で作成しております。


そのほかの工作では、上腕のダクトの掘り込みと左前腕正面のダクトを開口しています。

F9104010.jpg

F9104009.jpg


ぼちぼちと武器類の工作も行っており、今回はビームバズーカのあとハメ工作を行っております。
この辺は2か月前の模型誌の分割を参考にしております。

F9104008.jpg


次回も下半身の工作が中心になるのかなぁー

今回はここまで。


次回以降もできるだけ定期的に掲載をしていきたいと思いますが、そこは大人の事情もありますので、ご容赦ください。。。。

ではでは

作成記 ---- ガンダムF91 1/144 HGUC Vol3------

さてさて今年もすでに2か月が経過しようとしています。
この年になると月日が過ぎるのが早い、早い(-_-;)
今週は本業が忙しくてほとんど弄れてません・・・
現在F91絶賛工作中なんですが、クロスボーンもHGUCで販売される予定?らしいのは非常にうれしい限りです!!
こうなってくると、「オールガンダム」だけでなく、「オールライバル機」も進めてもらえませんかねー、バンダイさん・・・

それと、ユニコーンもいよいよ終盤になってきましたが、自分はまだまともにどの話も見ていません。
完結後にまとめてレンタルして一気見するよていですが、情報は色々でてきていますが、「ネオ・ジオング」ってなによ!?
小説版からはどんどんずれていく様子ですが、どうなのよっ!
大丈夫かい?


ということで、作成記第3回ということで始めていきます。

今回はおもいつくままの工作とダクト置換計画を実施しました。
背面の大型スラスタ部分も開口してダクトを成形しています。
0.5mmピンバイスで複数穴を開け、デザインナイフで繋いでいきます。
その後、0.3㎜プラバンでフィンを追加造形しています。
併せて、あとハメ加工も模型誌準拠で行っております。

F910301.jpg


腰の後ろもダクト交換しています。
これで目立つ部分のダクトは交換終了かなー

F910305.jpg


仮組みして眺めていると各所で言われているように足の付け根の部分が気になりだしてきました。
模型誌では上の部分と下の部分を接着し、一体化しています。
ただし、こうすると見た目はよくなるのですが、稼働範囲が狭くなってしまいます。
自分は工作終了後は飾る派なので、これでもよいのですが、なんだかそれだけではないような気がしているんですよねー

そこで思いついたがなんとやら・・・
フロントアーマーを2㎜延長!!

F910304.jpg


フロントアーマーだけを延長すると腰中央が短く感じたので、こちらは1㎜延長しています。
ほら、こうすると足の付け根は目立たなくなったでしょう!

F910303.jpg


しかし、仮組みすると足が短く見えてきたー

F910302.jpg


次回は下半身の工作が中心になるのかなぁー

今回はここまで。


次回以降もできるだけ定期的に掲載をしていきたいと思いますが、そこは大人の事情もありますので、ご容赦ください。。。。

ではでは
プロフィール

KAZ

Author:KAZ
徒然なるままに・・・

気ままに趣味である模型作品や創作小説?をUPしていきます。更新はかなりまったりとしてますので、気長にお付き合いください。

Since2013.09.18~

カレンダー/更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Gallery 2016
Gallary2015
Gallery 2014
Gallery 2013
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おすすめ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6975位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
866位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。